無添加シャンプーを評価しました。

無添加シャンプーと言うのは人気がありますよね。私が比較と評価をしてみました。

カウブランド無添加シャンプーで髪を洗ってみた感想

カウブランド無添加シャンプーは、頭皮への刺激の少ない、植物性アミノ酸系洗浄成分を配合しているシャンプーで、コンディショニング成分が配合されているので、リンスなしでもサラサラの髪になります。

無着色、無香料で防腐剤、品質安定剤も使用していない、優しさにこだわったしャンプーで、肌への負担を減らすため、原料を厳選しています。

カウブランド無添加シャンプーのメリットは、洗い上がりがなめらかなコンディショニングタイプなので、仕上げのリンスの必要がないところです。

やさしさと手入れの簡単さを両立したシャンプーで、頭皮への刺激が少なくなっています。
豊かな泡が古い角質や皮脂汚れをすっきり落としてくれるのもメリットで、皮膚アレルギーテスト済みのシャンプーです。

マイルドでしっとりとしていて、洗浄力はほどほどですが、保湿に強い構成で安全性や髪に対する相性は抜群です。

カウブランド無添加シャンプーのデメリットは、安全性が不明な成分が含まれているところです。

スルホコハク酸ラウレス2Naは、目や皮膚に刺激が少ないと言われていて、皮脂の多い頭皮をさっぱり洗いあげてくれますが、安全性は不明です。

また、テトラステアリン酸PEG-150ペンタエリスリチルも、安全性に関しては不明です。

ファーマアクト無添加シャンプーは肌に優しい

ファーマアクト無添加シャンプーは、無香料、無着色、無防腐剤の肌にやさしいシャンプーで、保湿成分のアミノ酸とセラミドAPが、髪のパサつきを抑えます。
そして、湿気にも乾燥にも強いまとまりのある髪へと導きます。

髪の芯から毛先までしっかり保護しながら、なめらかに洗い上げてくれるのが特徴です。

ファーマアクト無添加シャンプーのメリットは、価格の割に容量が多いところです。
女性でも買いなおしが少ない隠れた良品で、無添加のものは高くて敬遠しがちなのですが、このシャンプーは普通の物と変わらない価格です。

頭皮や肌のダメージが気になる人にオススメのシャンプーで、コスパがよいので安心できる商品です。
ファーマアクト無添加シャンプーのデメリットは、洗浄剤がダメなところです。

防腐をカプリン酸グリセリル、ラウリン酸ポリグリセリル-2で担当させるという低刺激志向は良いのですが、洗浄剤にこだわりがありません。

ローズウッド油をベースとした香調の良いシャンプーですが、洗浄力が過剰です。
個人差はありますが、場合によっては、使用するとかゆみが増し、湿疹が増えることがあります。

ヘアクレンズはAYURAのシャンプー

ヘアクレンズは化粧品メーカーのAYURAが販売をしている香養美髪シャンプーになっています。

アロマティックハーブの心地よい香りがするシャンプーで、頭皮・毛髪保湿成分として月見草油とグリセリンが配合されています。

またメントールが配合されていますので洗い上がりがすっきりとするというメリットもあります。

このヘアクレンズは頭皮や髪のうるおいはしっかりと残しているのに汚れや老廃物はすっきりと落とすことが出来るため、ユーザーの中にはコンディショナーを使用しなくてもさらさらな髪に仕上がるという感想を持っている人もいます。

このヘアクレンズのデメリットを上げるとすると、300mlで2000円という価格がやや高めであることと、香料や着色料などが使用されているため、無添加処方を好む人にはやや向いていない点があげられます。

このほかにもエタノールやラウレス硫酸Na、安息香酸Naなど、人によっては心配という成分が含まれている点がややデメリットではないでしょうか。

香りについては好みが分かれるようですが、リラックスできるという人が多いようです。
ヘアクレンズは無添加シャンプーじゃないですね。個人的に使うといいなと思う時があり掲載しました。

オリーブシャンプーはノンシリコンが魅力

オリーブシャンプーは小豆島で親子三代のオリーブ農家である井上誠耕園が販売している天然成分100%のノンシリコンシャンプーになっています。

このシャンプーの最大特長は、オリーブオイルの力で汚れを落として頭皮からすっきりと健康にするため、リンスがなくてもしっとりとまとまるシャンプーになっているという点があります。

シリコンだけではなく香料も着色料もパラペンも防腐剤も鉱物油も入っていない無添加処方になっています。
内容成分も水、グリセリン、オリ−ブ油、水酸化K、ラウリン酸、クエン酸K、トコフェロ−ルととてもシンプルなシャンプーです。

オリーブオイルは20%も配合されていますので、このオリーブオイルの成分がリンスの役割を果たします。

いわゆるリンスインシャンプーとは異なり、オリーブオイルの力で髪を整えてくれます。

このシャンプーのデメリット上げると550gで3000円ですから価格が高めなのと、ヘアマニキュアや植物性染毛剤を使用している場合には色が落ちやすくなるという傾向があるということです。

カラーリングを行っている人には向いていないシャンプーになっています。


PAGE TOP

無添加シャンプーと言うのは人気がありますよね。私が比較と評価をしてみました。
Copyright (C) 2016 バイト探ししながら夢追い人 All Rights Reserved.