やり直し英語や復習にはこれらが最適だと思う。

やり直し英語やもう一度英語をチャレンジするなどの人に最適な教材を調べました。

やり直し英語でお勧めな教材

大人になってから、仕事などの関係で英語を覚えなければならない場合が多いと聞いています。

社会人になってから英語を覚える必要があるなんて思わなかったと言う人も多いようです。私の場合ですが、やり直し英語はそれなりの教材を使った方がいいと思いました。
最初からハードルが高いのよりも、やり直し英語を宣言していたり復習をアピールしている教材の方がよいと思いました。家に帰ってから英語の勉強をする人も多いかと思いますが、これらの教材を使って基礎から学んでくれればいいなと思っています。

中学英語の基本と仕組みがよ~くわかる本で復習しましょう。

中学、高校、大学、そして社会人となっても英語で苦労している人が多くいると思いますがこうした英語の学習を通じて一番重要であるのが中学時における基礎であると言われています。
そういう背景もあってか中学レベルの英語にまつわる教材というのも非常に多く目にすることができその中の一冊に中学英語の基本と仕組みがよ〜くわかる本という名の本があります。

この中学英語の基本と仕組みがよ〜くわかる本とは著名な言語学者であるノーム・チョムスキー氏が提唱した理論を用いて書かれているのですがこの時点で難解そうだ、という印象を抱いてしまう感じもしますがその内容はタイトルの通りに非常にわかりやすく尚且つユニークなものとなっています。
初学者やブランクはあるけれどもまた復習をしてみたいという方にとってうってつけとも言える本で多くの読者に好評となっていますのでこれから英語を学んでいきたいと考えている方には是非読んでもらいたい一冊と言えるでしょう。

逆により高度な英語を学びたいと考えている方にとってはちょっと物足りない内容であるかもしれません。

高校3年間の英語を10日間で復習する本で高校の復習をする

高校3年間の英語を10日間で復習する本は、中学3年間の英語を10時間で復習する本に続く高校編になります。
高校英語はどうしても挫折しがちですが、この本は、理解すべき部分をしっかり押さえていて、10日間で高校英語がマスターできるようになっています。
上達へのステップとなる高校3年間の英語のポイントを、ライブ形式で読み進められるようになっています。

高校英語を10日分の文法テーマに分けて復習する内容です。

メリットは、構文や文法項目の重要ポイントが見た目にわかりやすく、付録の復習ドリルと文法早わかりインデックスにより、問題演習を通じて理解度を確認できるところです。
10日間と期間が区切られているのもメリットで、実際10日でこの本を勉強するのは難しいのですが、時間枠的ガイドラインと程々のプレッシャーが、ほどよい精神的効果を与えるものとなっています。

デメリットは、あまりにも文法に偏り過ぎている点です。

そのため、色々な箇所で重複があったりします。

英語を勉強し直すきっかけとしては良いのですが、CDはあくまでおまけ程度のレベルというのが残念なところです。

おとなの基礎英語はラジオで復習

基礎英語といえば、古くから続くNHKの人気ラジオ番組の一つ。
中学校に入って英語の学習が始まった時、同時に基礎英語の聴講も始めた、という記憶を持つ人は少なくないのではないでしょうか。

この、おとなの基礎英語は、そんな基礎英語をもっとたくさんの大人たちにもかつようしてもらおうと作られたテレビ番組です。

一日たったの十分という短い時間ですが、その中で、海外でロケをしたミニドラマを放映し、大人が日常生活で使えるようないろいろな英語表現を学ぶことができるのが、その概要です。
おとなの基礎英語のメリットとしてまずあげられるのは、短時間の学習でよいことです。
何かと忙しい大人は、学習時間を獲得するのも困難なもの。

それに加え、長時間の勉強は心身ともに負担がかかるので継続することができなくなったりします。
おとなの基礎英語は、一日わずか十分で済みますから、予習復習を含めても三十分程度の学習時間さえ確保できれば、十分。

それが毎日続くので、少しずつでもこつこつと英語力をためていくことができます。

またテキスト版も毎月発売されますから、それを通して全体的な復習をすることができるのもうれしいですよね。

デメリットとしては、短い時間だからこそ見逃してしまいがちなこと、そしてEテレのみの放送ということがあげられます。

DUO 3.0は試してみる価値があるんじゃないかな

英語の学習法の一つとして、昔から丸暗記というものが存在しています。

重要な文法や単語、構文を含んだ英文の例を、とにかく丸ごと暗記してしまうことによって、英語のシステムを体で理解。
それを適応させながら読めば初見でも大方の英語の文章は読みこなせる、というのがその仕組みです。

そんな丸暗記学習法を現代的にアレンジしたのが、このDUO 3.0です。
DUO 3.0では、なんと日本のいろは歌をヒントに、丸暗記すべき英文がまとめられています。

重要単語1600語に重要熟語1000語が、わずか560の英文の丸暗記で習得できてしまうという偉業は、従来ありえなかったこと。

たった一冊のDUO 3.0で、英単語集一冊と英熟語集一冊分をマスターすることができてしまうのですから、少しでも効率よく勉強したい人には特におすすめできます。

そしてその効率のよさこそ、DUO 3.0の最大のメリットということができるでしょう。

復習用のCDもついていて、睡眠学習や隙間学習も加えられますから、丸暗記自体はそれほど困難なことではありません。
労力少なくして益を大きくすることが可能になるのです。

対し、DUO 3.0のデメリットには、単語も熟語も難しいものが多いという点があげられます。

その覚えるべき単語は現代事情に即したものとなっているので、現代の実生活に役立ったり最新の受験に役立つ点はうれしいのですが、久しぶりに英語の勉強を始める人やある程度年の言った人にとっては、見慣れなさ過ぎて少々覚えるのに手間取るようです。



PAGE TOP

やり直し英語やもう一度英語をチャレンジするなどの人に最適な教材を調べました。
Copyright (C) 2016 バイト探ししながら夢追い人 All Rights Reserved.